オールインワンゲルはデメリットだらけ?

オールインワンゲルは、多忙な人のスキンケアを簡単にしてくれる上に、経済的にも出費を抑えてくれる優れものです。しかし、そんな一石二鳥なオールインワンゲルにも、困った点があります。一体それは、どんな短所なのでしょうか。

 

オールインワンゲルを使用したことがある人の中には、肌のコンディションに合わせた使い方ができないから物足りなくて結局他の化粧品をプラスすることになるという意見を出す人もいます。所詮オールインワンなので、それなりの効果しか期待できないという人もいます。

 

確かに、ていねいに一つずつのスキンケア用品でお手入れしたほうが、効果が上がりそうな気がします。でも、オールインワンゲルは、全ての化粧品をフルセットで使っているようなものなのに…。そんな不満から原因を考えてみると、肌の奥までの浸透感に問題がありそうだというところに行き当たります。

 

一般のお手入れ手順では、化粧水から始まって、美容液、乳液、クリームという順番で塗り重ねていきます。その手順には意味があり、まず洗顔で潤いが減ったお肌に化粧水で水分を浸透させることが重要なのです。

 

その点、オールインワンゲルは、水分が肌の奥に浸透しにくいという問題が出てきがちだといいます。ですから、オールインワンゲルを選ぶときには、浸透力が高いものにしたほうがよさそうですね。季節や天候によって、化粧品の量を加減するということもオールインワンゲルには難しくなります。

 

水分を多く入れたいと思っても、バリア機能を高めようとしても、オールインワンゲルでは全てが均一に入ってくるだけなのです。また、オールインワンゲルには様々な美容成分が一緒くたになっているために、肌に合わなかったときにどの成分がいけなかったのかがわかりにくいという特徴があります。